2019年03月29日

コール淡水・東京 第10回定期演奏会が6月16日に開催されます

淡水会会員の皆様へ
 お世話になっております。 男声合唱団コール淡水・東京です。
さて、第10回定期演奏会を以下の通りに開催しますので、
ご案内申し上げます。 (ちらしもご覧ください ←Click)
今回も委嘱作品の初演をいたします。 是非ご来場くださいませ。
           記
男声合唱団 コール淡水・東京 第10回定期演奏会
日 時 : 2019年6月16日(日)
開場:13時30分 開演:14時00分
会 場 : 浜離宮朝日ホール(音楽ホール)
住所:〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2
   演奏曲目
第T部 「コール淡水・東京 愛唱曲集」より
第U部 『国性爺合戦 獅子ヶ城の場』
〜近松門左衛門作 『国性爺合戦』より〜
構成・作曲 次郎丸智希 (委嘱作品・世界初演)

指揮は、永原恵三氏(学部29回)です。
お問合せは、堀井精一(学部21回)迄お願いします。
   sh3824sengok@gmail.com    080−5088−8373

posted by 淡水会 at 13:14| 行事ご案内コーナー

2019年03月25日

平成30年度卒業祝賀会が開催されました

平成31年3月22日(金)17:30からANAクラウンプラザホテル神戸にて、卒業祝賀会実行委員会主催・淡水会・神商会後援のもとに淡水会員歓迎会が盛大に開催されました。
祝賀会は、兵庫県立大学太田勲学長のご挨拶、淡水会岡村武和会長の祝辞、卒業生学部・大学院各代表挨拶、在校生代表送辞と続き、神商会後援会宗得知花子会長の乾杯で食事・歓談に移りました。
IMG_0727.jpg

IMG_0734.JPG

会場内は、軽音学部OB5名、現役生3名によるJAZZバンドの素晴らしい演奏が流れ、卒業生を祝福、大いに盛り上がりました。
2.jpg

DSC_9269.JPG

参加者は、卒業生・教員・淡水会員・大学本部・学生スタッフ総勢約500名になりました。
DSC_9642.JPG

最後に、兵庫県立大学応援団・OBのもとに経済・経営学部歌(神戸商科大学学歌)、兵庫県立大学学歌が合唱され、卒業生の前途を祝う応援団エール・太鼓で締めくられました。卒業生、参加者一同、応援団の演舞・エールに大学の伝統を感じ喝采しました。
画像.jpg
淡水会 会長 岡村武和の 卒業生に贈る メッセージカード 
「社会に出たら 先輩をたよれ」(裏面に全支部の連絡先が掲載されています)
淡水会事務局記
posted by 淡水会 at 14:31| 事務局からのお知らせ

淡水会より兵庫県立大学学術情報館(神戸商科キャンパス)に図書を贈呈しました

平成31年3月22日(金)17時からANAクラウンプラザホテル神戸(デイジーの間)において、淡水会岡村武和会長から西山博幸学術情報館長に、学術図書166冊の目録が贈呈されました。
贈呈式には、坂副学長、草薙経済学部長、林会計研究科長、山口経営研究科長、西山学術情報館長が参列されました。
DSC_9213.JPG
  
同窓会として図書館の蔵書充実に資するよう、引続き「淡水文庫」の寄贈を継続してまいる所存です。なお、贈呈図書には図書シールの下部に「淡水会寄贈」と記載されています。
1.jpg
posted by 淡水会 at 13:57| 事務局からのお知らせ

平成30年度兵庫県立大学学位記授与式・卒業式が挙行されました

平成31年3月22日(金)13:00から神戸国際会館こくさいホールにて、卒業者・ 修了者、ご父兄、ご来賓が参列し盛大にとりおこなわれました。
IMG_0681.JPG

 本年度の卒業生・修了生は全学1,601名です。そのうち、神戸商科キャンパス学部・大学院生は486名です。(経済学部191、経営学部229、博士前期課程・経済学研究科14、 会計研究科27、経営研究科23、博士後期課程経営学研究科1、経済学研究科論文博士1)
IMG_0708.JPG

なお、神戸商科キャンパスの卒業祝賀会は17:30からANAクラウンプラザホテル神戸にて開催されました。
posted by 淡水会 at 13:49| 事務局からのお知らせ

2019年03月22日

第89回淡水俳句会が開催されました

平成31年3月21日に淡水サロンにて第89回淡水俳句会が開催されました。(参加者 10人)

  逝くことも無く凍鶴となりゐたり    隆世(主宰)

  三月の特選  たんぽぽは野に生れ星は空に生れ    良一   
主宰 選評 抒情性豊かな作品である。地に咲くたんぽぽと空に現われる星を対比しつつ
詩情を弾ませている感性が若々しい。昼と夜。地上と天空。たんぽぽと星等々。さまざまな
対比が連想され、生命賛歌に心を昂らせているのは、見事と云える。
「生れ」(あれ)を繰り返しているところもリズム感を良くしており、個性的。
野に咲き溢れるたんぽぽも空に光輝やく星も無数の生命をかがやかすものであり、
何かが実感された感じがする

次回の句会は2019年4月18日(木) 淡水サロンにて実施いたします。
是非俳句に興味のあるかたお越し下さい。お待ちしています。
   お問い合わせ:淡水事務局(078‐795−1020) 西村ひとみ(学部33回)迄
                             学部28回 高嶋 鵆
posted by 淡水会 at 13:14| クラブ・団体関係OB会