2019年09月30日

「兵庫県立大学知の交流シンポジウム2019」が開催されました

9月27日(金)10:30から、神戸商工会議所会館本館神商ホールにて、大学の先端技術、先進的な取組、ビジネスモデルなど総力を結集し、産学公連携による産業界・地域社会の活性化に資することを目的としたシンポジウムが開催され、ポスター展示、特別講演、交流会などに多数参加されました。(参加者約350名)
_SC_0146.JPG

また、特別講演Tでは、「130年企業の挑戦」という演題で神栄株式会社代表取締役社長の小野耕司(G24)氏が、続く特別講演Uでは、「東南アジアにおけるインフラ供給事業への取り組みと人材育成」のテーマで 株式会社OKAMURA代表取締役社長 岡村武和氏 (G27淡水会会長)が講演されました。さらに、特別講演Vでは、理化学研究所理事長 松本紘氏より「これまでの科学、これからの科学」と題して示唆に富む講演をいただき、いずれも大好評でした。
1.jpg
           小野会長      岡村社長    松本理事長 
交流会では、井戸兵庫県知事の来賓ご挨拶、学生の優秀ポスター賞表彰などがあり、参加者同士の交流の輪が拡がり大いに賑わいました。
  主催 兵庫県立大学知の交流シンポジウム実行委員会  
(淡水会後援基金管理運用委員会は主催者委員、淡水会は後援)

posted by 淡水会 at 15:59| 事務局からのお知らせ

令和元年度兵庫県立大学秋季学位記授与式が挙行されました

令和元年9月27日(金)神戸商科キャンパスにおいて、午後2時より、経済学部秋季卒業生、経営学部秋季卒業生、経営研究科専門職課程(医療、介護、地域)修了者の学位記授与式が執り行われました。                    (総数 31名うち出席者 20名)
1.jpg

2.jpg

各位の在学中のご努力に敬意を表しますとともに、「新淡水人」としての今後、益々のご活躍を期待しています。
3.jpg
posted by 淡水会 at 14:14| 事務局からのお知らせ

2019年09月27日

第95回淡水俳句会が開催されました

第95回淡水俳句会を、9月19日に淡水サロンにて開催しました。(参加者 8人)
    吾亦紅顧みることもはや無し  隆世(主宰)

 九月の特選   秋の水先争はず流れをり  尚
「行雲流水」という言葉がある。「行雲」も「流水」も流れ来ては移りゆく、
常に止まることの無い、無常迅速の時の移ろいを具象化したものである。
秋の水はひたすら流れる。それは、静かに澄み透った水である。「先争はず」
という措辞に秋水の姿に人生を重ね合わせた。
名利を越えた諦観のような想いが伝わって来る。それは、争いのない平穏な
世界であり、望ましい自然の理(ことわり)として目に映る。生存競争や
自然淘汰の先を見据えた澄明な心境が秋水の流れる象(かたち)に托されている。
          (主宰 学部7回 中杉 隆世 記) 
次回の句会は令和元年10月17日(木) 淡水サロンにて実施いたします。
是非俳句に興味のあるかたお越し下さい。お待ちしています。
   お問い合わせ:淡水事務局(078‐795−1020) 西村ひとみ(学部33回)迄
                         学部28回 高嶋 鵆 記
posted by 淡水会 at 15:16| 事務局からのお知らせ

2019年09月24日

「全国シルバー合唱コンクール」でコール淡水・神戸が「銅賞」を受賞しました

2019年9月20日(金)2019全国シルバー合唱コンクールが、神戸文化ホール(大ホール)で行われ、私たち「コール淡水・神戸」は、29団体中5番目という早い出演でしたが、《銅賞》を受賞しました。
これで、5年連続受賞になります。
 曲目は田中冬二作詩、多田武彦作曲の組曲「北陸にて」から「みぞれのする小さな町」「北陸にて」の2曲を抒情豊かに表現しました。
190920-04 シルバー合唱コンクール:ステージ後、記念撮影 11:20.jpg

神戸新聞掲載記事 ←CLICK
コール淡水・神戸 松尾正道 記

posted by 淡水会 at 15:53| クラブ・団体関係OB会

学部4回 大森尚氏より「故伊藤校長追悼号」と「卒業記念学歌アルバム」を寄贈いただきました

令和元年9月24日 学部4回 大森尚氏より貴重な「故伊藤校長追悼号」と「卒業記念学歌アルバム」を寄贈いただきました。
IMG_0782.jpg
posted by 淡水会 at 14:40| 淡水資料室