2019年12月26日

9月12日〜12月23日まで、高校生の大学見学会(下半期)が行われました

9月12日(木)12月23日(月)まで、、大学の広報の一環として、さまざまな高校に大学見学(下半期)を実施しました。
1.jpg
模擬授業、学生ガイダンス、国際学生寮の説明を受け、食堂で昼食をとり、兵庫県立大学はどういうところかを見学しました。
3.jpg

2.jpg

posted by 淡水会 at 10:33| 事務局からのお知らせ

2019年12月25日

淡水俳句 年刊句集 第8号が発行されました

年刊句集 第8号が 2019年12月16日に発行されました。
句集.jpg

神戸商科大学俳句研修会を出発点にするものでありますが、俳句に興味をお持ちの方
老若男女問いませんのでご一報下さい。
学部28回 高嶋 鵆
posted by 淡水会 at 15:53| クラブ・団体関係OB会

第98回淡水俳句会が開催されました

第98回淡水俳句会を、12月16日に淡水サロンにて開催しました。(参加者 6人)
    泥濘の地となり果てし林檎園   隆世(主宰)
   12月の特選    冬の川砂州は流れのその中に	 鵆
冬川の流れの中に取り残されたように砂州がある。原句はそれを強調するために
「流れに置かれけり」としたのであろう。それでも決して悪くはないが、「置かれ」
という措辞が、私には自然でない気がした。はじめ「の中にあり」と直してみたが、
「その中に」とした方が、砂州がより具象的に見えるのではないかと思い直させて
もらった。冬川は非常に味わい深い季題である。いまも私の頭から離れ無い句は
「冬川の名が知りたくて人に問ふ」、橋本鶏二の句である。
(主宰 学部7回 中杉 隆世 記) 
次回の句会は令和2年1月16日(木) 淡水サロンにて実施いたします。
是非俳句に興味のあるかたお越し下さい。お待ちしています。
   お問い合わせ:淡水事務局(078‐795−1020) 西村ひとみ(学部33回)迄
                         学部28回 高嶋 鵆 記
posted by 淡水会 at 15:42| クラブ・団体関係OB会

兵庫県立大学プロモーションビデオが公開されています

在学生・卒業生の5人が、兵庫県立大学での体験を語った兵庫県立大学プロモーションビデオがYouTubeにて公開されています。(2019年作成)

兵庫県立大学プロモーションビデオ YouTube ← CLICK
兵庫県立大学 公式チャンネルUniversity of Hyogo  YouTube ← CLICK
posted by 淡水会 at 14:33| 事務局からのお知らせ

2019年12月24日

学部15回 勝田雄三氏より「挨拶―お暇な折にご覧ください―」の投稿がありました

皆様へ
今年も残り僅かとなり ご多忙な毎日をお過ごしの事と推察申し上げます
*今年は 長年駐在し 今も両国親善促進にボランテイア的にお手伝いしています南アフリカがラグビーWCで優勝し且つ南アのラマポーザ大統領が今年3度も訪日すると共にアフリカのFTAが合意・批准されアフリカへの関心も高まり 南アとの関係強化が期待されています。
 以下ご参考までに、お暇な折にご覧ください
 ◎12月13日 当地南ア大使 公邸でスプリングボック優勝記念・お礼会が開催され
  参加しました
*会場にはRWC2019の島津昭 事務総長、外務省から赤松アフリカ参事官
(兼中東アフリカ局次長)ナミビヤ大使、ボツワナ大使、各国大使、町田市副市長
南アのスポーツ団体SASCOC代表他多くの関係者が参加
*大使からラグビー大会が成功裏に終わり又スポウリンボックに対し日本の多くの
人々の応援・支援を受けたことへのお礼と、ラマポーザ大統領が3度も訪日する等で
   これを機に今後南アー日本の関係が強化されることを希望する旨の挨拶
◎実は、12月9日に大使官邸で 大使、澤野氏(南アに毎年出かけている写真家)と
  3人で約2時間 南アと日本の友好促進に就き意見交換しました。
   1)その際 大使に渡しましたアジェンダ、資料を添付にて送付させて頂きます
   2)又 同会談内容の纏めも添付させて頂きます
   3)会談メモにもありますが 大使は出来るだけ早い機会に南アのサポート市として
    認定されている 町田市を訪問し町田市長と歓談し色々な話題について意見交換
    すると共に、2020年のオリンピックで南アの陸上競技チームが事前合宿する
    野津田公園・スタデイアムを訪問したいと 発言されておりました
  *大使は年内、年明け1月中頃迄は 休暇で南アに一時帰国の由です。
  ◎私も南アに約12年間駐在し現地の方々から助けられお世話になりましたので 
   その恩返しの意味も含め 何かの御役に立てばと 思っております
  *皆様 時節柄御自愛のうえ 御活躍を念願しております。
                           学部15回 勝田 雄三 記

posted by 淡水会 at 10:02| 会員からの投稿