2020年07月14日

中村一二氏(G22)より「私の留年物語」の投稿がありました

中村一二氏(G22)の原稿 「私の留年物語」を是非ご覧下さい。
「私の留年物語」← CLICK
posted by 淡水会 at 14:18| 事務局からのお知らせ

神戸商大跡地の紹介

平成2年4月神戸商科大学が神戸市垂水区高丸ヶ丘から、神戸学園都市にキャンパスを移転したことを機に跡地事業計画が行われた。
平成19年7月31日に「商大跡記念公園」内に「記念碑」が建立された。
(標高91米78糎 北緯34度38分36秒 東経135度3分8秒)

sdinippon1000parks_005.jpg

商大の前身である神戸高等商業学校、神戸商科大学の名が刻まれた高さ約1.5mの御影石の記念碑を正面に、両脇には、校歌や校章、門札などが紹介された陶板・沿革が記された陶板である。
sdinippon1000parks_006.jpg

sdinippon1000parks_008.jpg

sdinippon1000parks_007.jpg

posted by 淡水会 at 11:16| 「懐かしき母校・・・あの頃」

2020年07月13日

海浜学舎からセミナーハウスへ、そして今

昭和23年4月新制大学として発足した本学は、昭和25年7月15日に淡路島を望む垂水海岸の地に「海浜学舎」を設置した。教育の場として、ゼミナール、課外活動あるいは学生相互の切磋琢磨、先輩との交流に利用され、詩情豊かな人材の養成に多大の成果を収めてきた。
1.jpg

しかし、この学舎が木造建築であったために老朽化が著しく施設の改築整備充実を期待する声が高まっていった。昭和54年4月「神戸商科大学創立50周年記念事業」として「神戸商科大学セミナーハウス」の設置が決定され募金委員会が設置された。
昭和55年10月25日に「神戸商科大学セミナーハウス」の開所式が行われた。
2-.jpg

3.jpg

セミナーハウスの正面に
千鳥の商大マーク入りの
レリーフが誇り高く鎮座
している。



平成24年から耐震基準をクリアーすることができず、休館することとなり、現在に至る。
posted by 淡水会 at 14:21| 「懐かしき母校・・・あの頃」

兵庫県立大学における新型コロナウイルス関連研究の実施について

兵庫県立大学における新型コロナウイルス関連研究の実施について(兵庫県立大学HPより)
兵庫県立大学では、社会貢献活動の一環として、アンダーコロナ、ポストコロナにおける社会、経済、産業技術、情報技術等に関する研究を支援することとし、学内で公募を実施した結果、全学から多数の応募があり、その内の15件を採択しました。
詳細(兵庫県立大学HP) ←CLICK 
posted by 淡水会 at 11:48| 事務局からのお知らせ

2020年07月10日

「淡水の森」をご紹介するバナーを作成しました

神戸商科キャンパスの現存するプレートと資料をもとに写真で見る「淡水の森」を作成しました。
淡水会ホームページトップにも「淡水の森」のバナーを作成しています。
btn_mori-こぴー.jpg
posted by 淡水会 at 10:41| 事務局からのお知らせ