2017年11月14日

「淡水懇話会兼三大学合同懇親会」が開催されました

平成29年11月12日(日)12時から、霞ヶ関ビル35階の東海大学校友会館において秋の懇話会・
懇親会が開催されました。合同での開催は、平成18年7月の第1回開催から数え、今回で12回
目となりました。本年は、けやき会(看護大学OB会)から3名、理学部同窓会からも初参加
者があり、まさに三大学OBの交流会となりました。
T1.jpg

兵庫県立大学から太田勲学長、高坂誠副学長を来賓にお迎えし、三大学から同窓生46名が
参加しました。
懇話会では、澤岡詩野氏(公益財団法人 ダイヤ高齢社会研究財団 主任研究員)による
「人生100歳時代の居場所学」〜プロダクティブエイジングの視点から〜という演題で、大変
ためになる、すぐにでも実践できるご講演を戴きました。簡易シニア度テストもあり、自身の超
高齢化社会を生き抜く能力をチェック、対応力が如何ほどのものか? 聴講者は、全員身近な
問題であり熱心に取組んでいました。
t1.jpg

懇親会では、淡水会・姫路工業倶楽部・けやき会・理学部同窓会の会員同志が交流しあい、
懇親が深められました。最後に、最若手の角田剛氏(G41)の挨拶で閉会となりました。
HP-T2.jpg

     永井 豊 東京支部長(G18)、三宅 和宏 副支部長(G33)  本部事務局記

posted by 淡水会 at 15:21| 支部