2019年01月07日

淡水会 岡村会長がみなと銀行との連携講座「地域企業の戦略と経営」にて講義されました

みなと銀行との連携講座「地域企業の戦略と経営」第12回目を実施
神戸商科キャンパスの経営学部等の学生を対象に、県内企業の経営者等から自社の戦略と経営を講義いただく連携講座「地域企業の戦略と経営」の第12回目が、平成30年12月24日(月・振替休日)に行われました。
今回は、浄化槽の製造、販売を通して日本のみならず、東南アジア各国の水環境の改善に積極的に取り組んでおられる株式会社OKAMURAの岡村武和代表取締役社長/淡水会(同窓会)会長にお越しいただき、「東南アジアの水環境とビジネス」と題し、ご講義いただきました。
株式会社OKAMURAの沿革や主な事業内容に続き、事業展開しているフィリピン、ミャンマー、ベトナムの排水処理方法や水環境の問題について、それぞれの現地事情に応じて、ご説明いただきました。
日本の技術をそのまま持ち込むのではなく、それぞれの現地事情に応じてコーディネートすることが大切であるというお話は、グローバル化がさらに加速する中、社会にはばたく学生たちにとって、グローバル化の本当に意味を考えるとてもいい機会になったと思います。
岡村社長、ありがとうございました。
みなと銀行との連携講座「地域企業の戦略 OKAMURA.jpg
posted by 淡水会 at 14:52| 事務局からのお知らせ