2019年04月22日

第15回管理科学6期会が開催されました

第15回管理科学6期会
1968年(昭和43年)4月に、全国の団塊の世代が、激戦の神戸商科大学・管理科学科にめでたく入学した64名の同期生の会です。今年は、4月17日(水)18:00にJR大阪駅ルクア10F「美々卯梅田ルクア店」で、同期会を挙行しました。
今年は、東京組も参集してくれたため、同期生64名のうち、3分の1を超える22名の同期生が参加しました。
今年の幹事は、加藤・水谷・古家君で、連絡・会場手配・会計等、色々とお世話になりました。まず、事務局の段君の乾杯発声、「うどんすき(花コース)」料理で宴会、50年前の学生時代の想い出話で、花を咲かせました。垂水駅前の安下宿での雑魚寝、麻雀・パチンコ、そして、クラブ活動の熱中、4回生での必修科目の追試、卒論作成の苦しみ、厳しかった先生のゼミ指導、などなど。話題は次から次へと尽きません。
まず、最初に、東京組や今回初参加の同期生から自己紹介、そして常連の同期生の近況報告をしていただきました。予定の2時間半はあっという間に過ぎ、最後の締めは、大学通算在職が最長(学生6年+職員4年+嘱託3年)13年の高瀬が取り仕切りました。
次回は、来年(令和2年)5月の下旬、京都在住者の幹事で、京都で開催することを内定しました。全員で集合写真を撮影し、次回の同期会も元気で参加することをお互いに祈念して散会しました。                   
(投稿文責:高瀬知)

@集合写真.JPG

※@集合写真(20名)
前列(右から)@加藤、角本、水谷、石田 A坂口、段、高瀬 B古家、福井、一岡
後列(右から)@家永、柴田、小林(隆)、小林(恒)、上田
A児玉、小河、浅岡、喜多村、上山
(残念ながら 丸川、脇村は東京日帰りのため、不在)
A会食写真.JPG

B会食.jpg


posted by 淡水会 at 14:03| 事務局からのお知らせ