2019年12月16日

留学生会 第2回同窓会が開催されました

第2回目の留学生会 同窓会を11月24日に淡水サロンにて開催した。1991年卒業の人を筆頭に、20年ほど前に卒業した人たちも参加し、久しぶりに顔を合わせた人も多かった。国境を越えて活躍している会長のジョン・シュウギョウさん(韓国出身)は、居住しているマレーシアから、本学での講義を兼ねて来日し、挨拶で、同窓会の意義について、人のつながりの重要性を語ってくれた。副会長の劉イキンさん(中国出身)は群馬から駆けつけてくれた。(参加者15名)
 懇親会では、お互いの話に質問やツッコミを入れながら、笑いの絶えない会となった。
また、本学教員の陳来幸先生、瓦田沙季先生(卒業生)から、今年度スタートした新学部(国際商経学部、社会情報科学部)のことなどについて説明があり、全ての授業を英語で行うグローバルビジネスコースでは、海外からの留学生を今年は40名受け入れ、日本人学生と共にキャンパスの国際学生寮で暮らしているという新たな動きについて情報共有することもできた。終了後は、元留学生(タイ出身)が開業した店での二次会で、さらなる盛り上がりとなった。
淡水留学生会同窓会2019.JPG

同窓会が今後も継続して開催できるよう、努力して行きたいと思う。淡水会から、補助、ご支援いただき、大変感謝している
。(元:経済学部教授、日本語担当、現:名誉教授 松田 陽子 記)

 

posted by 淡水会 at 15:27| クラブ・団体関係OB会