2022年01月05日

吉田晴彦氏(G26)より年賀メールが届きました

皆様
明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いします。

「しんとして 露をこぼすや朝桜」 正岡子規
桜の咲く春、早朝の静けさを詠んだ句ですが、深いブルーの空に赤みがさし、まだ夜が明けきらない春の朝は、何かわくわくするような気分になります。桜の幹から露の雫がこぼれる様な静かな朝、そんな春がきっとやってきますようにと。
今年も初日の出を拝む事ができました。
アルバム 2022年初日の出 ← CLICK学部26回 吉田晴彦 記
posted by 淡水会 at 11:58| 事務局からのお知らせ