2019年06月19日

第73回淡水軟庭ゴルフコンペが開催されました

令和元年6月6日に軟庭部のゴルフコンペをセンチュリー吉川で開催しました。9名で年々参加者が減少しています。男女混成で各人ティーアップは申告どうりです。
次回は9月19日(木)を予定しています。関係各位の皆様の奮ってのご参加を期待しております。
次回幹事は鳥川様(学20)
73回淡水軟庭ゴルフコンペ (1).jpg

恩田 武敏(学部16回)記
posted by 淡水会 at 11:56| クラブ・団体関係OB会

2019年05月30日

第243回淡水ゴルフ会が開催されました

2019年5月21日(火)小野グランドカントリークラブNEWコースにて、第243回淡水ゴルフ会が開催されました。
前日まで雨天が続く中、開催当日は不安な朝を迎えましたが、スタート時には見事に晴れ渡り、新緑が映える爽快感の中プレーを楽しみました。賞品も黒田庄和牛をはじめ豪華なもので、盛況のうちに閉会しました。参加者は4組15名でした。
   優勝     川口 久郁   (学部20回)  
   準優勝    長谷川 俊夫  (学部19回)  
   3位      冨永 榮一  (学部20回)
集合.png

会食.png

次回は2019年10月15日(火)
小野グランドカントリークラブOLDコースにて開催を予定しておりますので、ご参加・お問い合わせ等お気軽に世話人までご連絡くださいませ。    世話人  佐藤克徳(学部48回)
090‐8532‐4588
posted by 淡水会 at 10:46| クラブ・団体関係OB会

2019年05月17日

第91回淡水俳句会が開催されました

令和元年5月16日に淡水サロンにて第91回淡水俳句会が開催されました。(参加者 6人)
    こぞり立つ白樺の芽のうすみどり  隆世(主宰)

五月の特選  春疾風歌劇のごとく歌ひをり  鵆
「春疾風」は春の強風・突風・烈風をいう。「春荒」「春嵐」等の傍題もある。
    春嵐奈翁は華奢な手なりしとか  草田男
    春嵐屍は敢て出でゆくも     波郷
        等の用例がある。「春疾風」は「春嵐」に比し風の速さが強調される。
「歌劇のごとく」という比喩から、速いテンポで移り変る劇の内容とハイテンションの
ソプラノの声音が連想される。歌劇の題名や内容は読者に自由に想像させながら「春疾風」
そのものが歌劇の主人公に扮しているような楽しさがある。

次回の句会は2019年6月20日(木) 淡水サロンにて実施いたします。
是非俳句に興味のあるかたお越し下さい。お待ちしています。
   お問い合わせ:淡水事務局(078‐795−1020) 西村ひとみ(学部33回)迄
                             学部28回 高嶋 鵆


posted by 淡水会 at 14:04| クラブ・団体関係OB会

2019年03月22日

第89回淡水俳句会が開催されました

平成31年3月21日に淡水サロンにて第89回淡水俳句会が開催されました。(参加者 10人)

  逝くことも無く凍鶴となりゐたり    隆世(主宰)

  三月の特選  たんぽぽは野に生れ星は空に生れ    良一   
主宰 選評 抒情性豊かな作品である。地に咲くたんぽぽと空に現われる星を対比しつつ
詩情を弾ませている感性が若々しい。昼と夜。地上と天空。たんぽぽと星等々。さまざまな
対比が連想され、生命賛歌に心を昂らせているのは、見事と云える。
「生れ」(あれ)を繰り返しているところもリズム感を良くしており、個性的。
野に咲き溢れるたんぽぽも空に光輝やく星も無数の生命をかがやかすものであり、
何かが実感された感じがする

次回の句会は2019年4月18日(木) 淡水サロンにて実施いたします。
是非俳句に興味のあるかたお越し下さい。お待ちしています。
   お問い合わせ:淡水事務局(078‐795−1020) 西村ひとみ(学部33回)迄
                             学部28回 高嶋 鵆
posted by 淡水会 at 13:14| クラブ・団体関係OB会

2019年01月07日

第86回淡水俳句会が開催されました

     第86回淡水俳句会が開催されました
平成30年12月20日に淡水サロンにて第86回淡水俳句会が開催されました。
(参加者 11人 今回、学部4回野虚石さんが参加下さいました。)
  それぞれに生きそれぞれに枯れにけり    隆世(主宰)

  十二月の特選  猪垣の電線通す墓園かな  公昭   

主宰 選評 猪垣の電線が墓園の中に通されているという光景に着目したところに、
写生の目というものが感じられ採用することにした。実感の強みがある。
次回の句会は2019年1月17日(木) 淡水サロンにて実施いたします。
是非俳句に興味のあるかたお越し下さい。お待ちしています。
   お問い合わせ:淡水事務局(078‐795−1020) 西村ひとみ(学部33回)迄
                             学部28回 高嶋 鵆
posted by 淡水会 at 14:57| クラブ・団体関係OB会