2020年09月23日

「兵庫県立大学知の交流シンポジウム2020連携セミナー」開催の案内が届きました

産学連携・研究推進機構では、全学の知的資源を地域社会・産業界のイノベーションに役立てて頂く活動の一環として、毎年兵庫県立大学知の交流シンポジウムを開催してきました。今年は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、例年のように実際の会場で開催するのではなく、Web上に特設サイトを開設して開催いたします。
これに合わせて、本学の研究成果を少しでも広く社会の皆様に知って頂くため、「知の交流シンポジウム2020連携セミナー」と題して、本年10月〜12月にかけて、いくつかの研究成果をオンラインで発表します。
本セミナーへご参加いただきたくご案内申し上げます。

日程;令和2年10月8日(木曜日)〜12月24日(木曜日)
           17時00分〜18時00分【毎週木曜日に開催】
開催方法:Zoomウェビナーを用いたオンラインセミナー(無料)

知の交流シンポジウム連携セミナー案内 ← CLICK
兵庫県立大学HP「知の交流シンポジウム連携セミナー」 ← CLICK
posted by 淡水会 at 11:11| 事務局からのお知らせ

2020年09月16日

兵庫県立大学における新型コロナウイルス関連研究が日経新聞に掲載されました

日本経済新聞(9月16日朝刊)に兵県立大学における新型コロナウイルス関連研究の実施についての記事が掲載されました。
兵県立大学における新型コロナウイルス関連研究の実施ホームページ ←CLICK
20220.9.16.コロナで日経記事.jpg

日経記事 ← CLICK
posted by 淡水会 at 10:24| 事務局からのお知らせ

2020年09月03日

兵庫県立大学公開講座が10月17日(土)に開催されます

10月17日(土)に兵庫県立大学公開講座 「日本経済の成長と雇用の行方」が開催されます。
日本経済の現状と今後の行方について、成長と雇用の問題に焦点を当てて考えてみたいと思います。
 日時 令和2年 10月 17日(土) 13:30〜15・00
 場所 神戸研究学園都市 大学共同利用施設 UNITY
 講師:本学 政策科学研究所 教授 大住 康之
公開講座 詳細 ←CLICK
posted by 淡水会 at 11:38| 事務局からのお知らせ

2020年08月24日

兵庫県立大学は「データサイエンス系大学教育組織連絡会」を一橋大学や滋賀大学など5大学と連携して設立しました

データ革命を担い、経済社会の発展に寄与するデータサイエンティスト育成の重要性の認識が高まり、いろいろな大学でデータサイエンス系の学部、学科、研究科、専攻の設立が続いている。また政府においては、AI戦略2019などに基づき、数理・データサイエンス・AI教育の強化を進めている。
このような状況の中で、国公私立を問わず、また設立準備段階のものを含め、データサイエンス系の専門の学部、学科、研究科、専攻組織が集まり、この分野の専門教育及び専門教員の養成について協力することは極めて重要である。
兵庫県立大学は「データサイエンス系大学教育組織連絡会」を一橋大学や滋賀大学、総合研究大学院大学、
長崎大学、立正大学と連携して設立しました。
データサイエンス.jpg
神戸新聞 2020年8月21日掲載

データサイエンス系大学教育組織連絡会」を設立 ← CLICK
posted by 淡水会 at 10:39| 事務局からのお知らせ

2020年08月18日

コール淡水東京 代表 堀井精一氏(G21)より次郎丸氏作詞作曲の『アマビヱ』のご紹介とお願い

次郎丸智希氏(大阪音楽大学・大阪音楽大学短期大学部 ドイツ詩歌演習 講師)は7月、医療従事者などエッシェンシャルワーカーの皆様へエールをおくるという動画企画〜*神奈川の「マグカル解放区」主催の『バーチャル開放区』*〜に応募しました。
応募作品は、『アマビヱ』ですが、チーム名「アマビヱ大作戦」「混声合唱版」で、応募しています。その『アマビヱ』の演奏動画をご視聴いただけますとありがたく存じます。
『アマビヱ』演奏動画 ← CLICK
『アマビヱ』は、静謐なのに、聴き進むにつれて、コロナ禍で抑圧された気持ちが開放されていって、身体中にエネルギーが満たされるていく感じになります。めげるな、前に進もうという気持ちなります。一時の激情に駆られて、のものとは正反対のものです。祈りは強くしなやかです。
今回の神奈川の「マグカル解放区」主催で『バーチャル開放区』において開催されている動画企画は、一次、二次審査があります。一次審査は、8月末までの*動画(YouTube)の視聴回数*の審査になります。
*視聴回数がTOP20*に入りますと二次審査に進めます。
なので、この『アマビヱ』がいい曲だと高評価をいただけますならば、ご家族、知人、友人等々にご紹介いただけますと有難いです。そして、皆さまのお力をもって多くの方々に聴いていただけて、『アマビヱ』が二次審査へと進めれば良いなと思っているところです。

ご承知の通り、次郎丸氏には、第5回定演から新作の作曲を委嘱してきました。昨年第10回定演で初演しました大作『国性爺合戦 獅子ヶ城の場』は記憶に新しいところです。
第11回定演用には、『雨に打たるるカテドラル』(高村光太郎詩)の作曲をお願いし、現状、第曲、第2曲の楽譜はいただいたので、進捗率50%です。
コール淡水・東京 代表 堀井 精一(G21) 記
posted by 淡水会 at 13:21| 事務局からのお知らせ