2014年12月26日

機関紙「淡水」61号について(中間報告)

12月15日(月)に第6回編集員会が神戸新聞社会議室において開催されました。
                              (編集委員・事務局 参加者17名)
目下、3月下旬発刊にむけ、ご投稿いただいた原稿の入稿手続きを進めております。
今号の編集過程では、OB会員に加え「現役学生会員も興味を持つ」という視点で誌面づくりに注力しました。(学生は、入学時に入会金と終身会費を納入)
新たな企画例として、OB向けには「支部だより」で“地域で活躍する淡水人”コーナーを、「筆者リレー」では、OBに加えて県大生OB・現役生の三本立てにしました。これらの企画を推進するため、学生たちにも編集や写真撮影などに協力していただいています。 10_photo.jpg
編集委員の皆様は全員ボランティアですが、
「より良い淡水・親しまれる淡水・役に立つ淡水」などを
目指して編集に携わっていただいています。
事務局も頑張りどころと心得ています。
引き続き、会員各位のご理解・ご協力・ご支援を宜しくお願いいたします。
posted by 淡水会 at 11:07| 機関誌「淡水」編集員会