2019年02月19日

業界・企業研究会が開催されました

兵庫県立大学生協では、学内で就職活動のサポートイベントを開催しています。
2月19日 業界・企業研究会が生協食堂ホールにて開催されました。
雨にもかかわらず、熱心に各企業の説明に耳を傾け、質問を投げかけていました。
0539.jpg

企業説明会や業界・企業研究会等を開催し、毎年好評を博しています。参加しやすい学内の就活イベント、是非とも有効にご活用ください。         主催 兵庫県立大学生活協同組合
共催 兵庫県立大学神戸商科キャンパス キャリアセンター
今後の日程 
    2019年2月20日(水) [業界・企業研究会]
    2019年3月1日(金)
    2019年3月4日(月)
場所 兵庫県立大学 神戸商科キャンパス
講義室形式:教育棟、ブース形式:大学会館食堂ホール
posted by 淡水会 at 15:42| 「大学の今・・・」

平成31年2月16日(土)少林寺拳法部の「関西拳心会シニアOB懇親会」が開催されました

平成31年2月16日(土)大阪梅田の「桃谷桜」において少林寺拳法部の「関西拳心会シニアOB懇親会」が開催されました。(参加者 15名)
拳心会2019.2.16.jpg

幹事の塩田耕一さん、山内富行さんから次のようなメッセージが届きました。
「皆様のお変わりない元気そうなお顔を拝見し、また近況を含め色々な話を聞かせていただき、時の経つのを忘れあっという間に懇親会が終わってしまいました。
大見先輩をはじめ内田さん・庄司さん・平松さん・鈴木さん・中尾さん・松田さんには遠方よりご参加いただき誠にありがとうございました。
今後とも定期的にこの会を続けてゆきたく思っておりますので、是非ともお時間の許す限り様方のご出席をお願い致します。」 
ご連絡
少林寺拳法OB会のHP が開設されました。
少林寺拳法OB会のHP ← Click
E-mail shorinji_hyogouc@yahoo.co.jp
posted by 淡水会 at 15:02| 行事ご案内コーナー

2019年02月18日

第8回 編集委員会が開催されました

平成31年2月13日 第8回編集委員会が学校で開催されました。
『淡水』65号の校正段階にはいり、ますます編集委員の熱が高まっています。
1.jpg

太田学長から新学部の概要説明、クラブ活動への想い、創基90周年に向けてなど、
新しい特集を推進しています。今回も、学生たちも編集や写真撮影などに協力しています。
編集委員の皆様は全員ボランティアですが、「より良い淡水・親しまれる淡水・役に立つ淡水」などを目指して編集に携わっています。事務局も頑張りどころと心得ています。
原稿、広告、写真などみなさんのご協力ありがとうございました。引き続き、会員各位のご理解・ご協力・ご支援を宜しくお願いいたします。『淡水』65号は、平成31年3月末頃に発行予定です。
posted by 淡水会 at 11:20| 事務局からのお知らせ

兵庫県立大学マンドリンクラブ 第13回定期演奏会が開催されます

 淡水会の皆さま
いつもお世話になっております。
このたび、兵庫県立大学マンドリンクラブ 第13回定期演奏会を開催いたしますので
ご案内申し上げます。
この演奏会は、現在の幹部学年である3年生4名にとって、引退公演となります。
お時間がありましたら、ご来場くださいませ。

――――――――――  記 ―――――――――― 

 兵庫県立大学マンドリンクラブ 第13回定期演奏会
 日時:2019年3月2日(土)
        開場:17時、開演:17時30分
 会場:兵庫県民会館けんみんホール
 曲目
  T部
     ・アイネ・クライネ・ナハトムジーク第1楽章/W.A.Mozart
     ・リュートのための古風な舞曲とアリア第3番シチーリアーナ/O.Respighi
     ・(マンドリンコンチェルト)
       弦楽四重奏曲第17番セレナーデ/J.Haydn
  II部
     ・マンドリンオーケストラのためのソナチネ第1番/J.B.Kok
     ・プレリュード2/吉水秀徳
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
       兵庫県立大学マンドリンクラブ顧問 萩原弘子(経済学部)

posted by 淡水会 at 10:15| 行事ご案内コーナー

2019年02月07日

北海道支部新年会が開催されました

平成31年2月5日(火)18:30より、札幌雪まつりすすきの会場近くの「おたる亭」で新年会が開催されました。
1.jpg

吉川一彦副支部長(G15)のご挨拶、本部事務局から母校ならびに同窓会の活動状況などを
報告、山本和秀氏支部幹事(G24)から今年の事業計画などが紹介されました。 懇親会では、日本酒「獺祭」が飲み放題!!小寺副支部長(G16)の健康談義「青竹踏み」「ナンバ歩行」の効用が披露され、和気あいあい、大変な盛り上がりとなりました。 (参加者7名)
IMG_0647.JPG

   *今年度の予定
@第16回支部総会       7月5日(金)
A第17回福寿杯ゴルフコンペ  7月6日(土)
Bビール会          8月5日(月)
C工場見学会         検討中
               本部事務局記
posted by 淡水会 at 13:02| 事務局からのお知らせ

2019年02月06日

キャリアセンターから「企業研究セミナー」のお知らせが届きました

        企業研究セミナー
〜OBOGが『ひと味違う企業研究の仕方』を伝授〜
2019年 2月 23日(土)13:00〜15:30
開催場所: 淡水サロン 
参加申し込み: yoshimi_fukuda@uhcoop.jp 先着15名
【セミナー概要】 こんな切り口も!企業の見方・調べ方のヒントを伝授!
            担当:キャリアアドバイザー 福田よしみ
企業研究セミナー 詳細 ← CLICK
posted by 淡水会 at 14:30| 行事ご案内コーナー

2019年02月04日

東京支部淡水懇話会兼新年会が開催されました

2月2日(土)ホテルジュラクお茶の水「白鳥」において12時から開催されました。ご来賓の兵庫県立大学坂副学長から神戸商科キャンパスにおける新学部開設をはじめとする大学の様々な取組を分かりやすくお話いただき、永井東京支部長は、大学90周年そして次なる100周年に向け東京支部をさらに発展させていこうとご挨拶されました。
1.jpg

懇話会は、明治大学でアジア史を研究されている堀井裕之氏を講師にお招きし「唐太宗」をテーマにご講演いただきました。
2.jpg

続いての懇親会で交流を深め合いました。(参加者:G31〜G41まで25名)
3.jpg

6月には、支部総会、秋には淡水懇話会兼三大学懇親会を予定していますので是非ご参加下さい。      支部長 永井 豊G18、 司会 堀井 精一(G21)  事務局 三宅和宏(G33)
posted by 淡水会 at 11:51| 事務局からのお知らせ

2019年01月31日

姫路支部新年会が開催されました

1月30日(水)18時30分から姫路市内の中国料理「新北京」において、太田勲学長、坂誠副学長を来賓にお招きし盛大に催されました。明石支部松本支部長、東播支部永恵支部長、高松支部大路支部長も特別参加され、参加者は、学部11回から県大2016、現役3回生まで41名となりました。
2019.1.30.jpg

太田学長ご挨拶、坪田支部長挨拶に続き、坂副学長の乾杯で開宴となりました。
本部事務局、各支部長からの挨拶や初参加者のスピーチに加え、起業にチャレンジ中の現役3回生の奮闘話など大いに盛り上がり、竹中氏(G23)の尺八演奏で学歌をうたい閉会となりました。
IMG_0557.jpg

1.jpg

まさに、姫路支部モットーの、“和やか・賑やかな会合“でした。 
事務局記
posted by 淡水会 at 11:34| 支部

2019年01月29日

淡水会 「卒業祝賀会」のご案内

平成31年3月22日(金) ANAクラウンプラザホテル神戸にて卒業祝賀会を開催します。 皆様の参加をお待ちしています。 3月10日までにお返事をお願いします。 電話、FAX、E-mailでも受付けています。
電話 : 078-795-1020 FAX : 078-795-4020
E-mail : tansui@gk.u-hyogo.ac.jp (@は半角に直してご利用下さい)
ご案内.jpg
posted by 淡水会 at 15:20| 行事ご案内コーナー

2019年01月25日

「もちまつり」が開催されました

平成31年1月25日(金)12時から、神戸商科キャンパスにおいて、恒例の「もちまつり」が開催されました。
1.jpg

2.jpg

寒風にもまけず、学生たちが楽しく、砂糖醤油もち、きなこもち、ぜんざいを振舞っていました。
おいしくいただきました。
(大学生活協同組合主催、学生実行委員会担当)
posted by 淡水会 at 14:50| 事務局からのお知らせ

2019年01月23日

淡水会岡山支部新年会が開催されました

1月20日(日)に鳥取県三朝温泉の依山楼岩崎にて新年会を開催しました。(14名参加)
岡山.jpg

学部18回の室谷勝己さんが見事なアルバムを作成してくれました。
 岡山支部 支部長 中井 峯生(G18)  事務局 森義三(G32) 
室谷勝己さん作成の見事なアルバム ← CLICK
posted by 淡水会 at 16:28| 支部

大阪支部ゴルフ会春季コンペの案内が届きました

麗春の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。いつも淡水会大阪支部の運営にご協力くださり、ありがとうございます。春季ゴルフ会のご案内をさせて頂きます。

1.日時   平成31年4月3日(火)9時集合 
2.場所   武庫の台ゴルフコース 
神戸市北区道場町生野字北山1176−16
п@078−985−2364
3.交通   JR宝塚線道場駅からクラブバス有り
4.スタート 9:13 アウト・イン同時スタート 予定6組
5.HDC    ダブルぺリア方式。
6.賞    優勝、2位、3位、7位、BB、ドラコン、ニアピン、その他
7.プレー費 9,900円(セルフ、昼食代1,000円込) (5組以上で、8,900円)
8.会費   3,000円  懇親会前に世話人にお渡しください。
9.ルール  6inリプレース、OKパット1グリップ、75歳以上はシニアティーOK
  3月10日ごろには組合せ発表したいと思ってます。
3月初旬ごろまでに、参加、不参加のお返事をお願いします。ご協力お願いします。
世話人 ゴルフ会担当北郷 和也(学33)
事務局記


posted by 淡水会 at 16:16| 行事ご案内コーナー

2019年01月21日

多木化学株式会社 前田治彦代表取締役専務がみなと銀行との連携講座「地域企業の戦略と経営」にて講義されました

神戸商科キャンパスの経営学部等の学生を対象に、県内企業の経営者等から自社の戦略と経営を講義いただく連携講座「地域企業の戦略と経営」の第13回目が、平成31年1月11日(金曜日)に行われました。
多木化学株式会社の前田治彦代表取締役専務(学部26回)に、「当社の歴史と現在(企業内の業務について)」と題し、ご講義いただきました。
産学 (多木).png

明治18(1885)年に創業し、今年で134目を迎える同社は、加古川市別府町に本社をおき、日本で初めて人造肥料を製造した化学肥料のパイオニア企業です。その化学肥料製造で培った技術を応用し、現在では、浄水場で使われる水処理薬剤の分野で国内トップシェアを誇るほか、医療分野で使われる生分解性ポリマーやコラーゲン材料の開発・販売を行っています。
前田専務からは、多木化学鰍フ業績や業務内容に加え、経営企画部、経理部、総務人事部など、同社を支えている管理間接部門のそれぞれの役割についてもお話いただきました。就職を控える学生たちにとって、企業で実際にどんな部署で働く可能性があるのかを考えるとてもいい機会になったと思います。
前田専務、ありがとうございました。
posted by 淡水会 at 16:56| 事務局からのお知らせ

平成31年淡水会新年会が開催されました

平成31年1月20日(日)12時から神戸ポートピアホテルにおいて、兵庫県立大学伊藤聡副理事長、林昌彦会計研究科長をご来賓にお招きし、淡水会会長、副会長、各地支部長、会員が一堂に会し新年会が開催されました。
岡村淡水会会長の挨拶、伊藤副理事長の来賓ご挨拶・乾杯のご発声で開宴しました。
1.jpg

2.JPG

懇親会では、森田大阪支部長より、昨年12月に発足した「淡水女子会」の紹介があり、8名の出席女子会員が登壇し会場は華やか雰囲気に包まれました。
IMG_0187.JPG

続いて、亥年生まれの会員からのスピーチ、初参加者11名から一言コメントをいただき、宴会は大いに盛り上がりました。
IMG_0191.JPG
夫々、各テーブルを回って名刺交換や懐かしい話題などが弾み、交流を深め合う懇親会となりました。
また、東京、東海、京都、奈良、大阪、神戸、明石、東播、姫路、山口、高松の11支部の支部長や代表、ならびに、学生会員を代表して学生会会長、体育会会長、文化会会長、応援団団長などにもご参加をいただきました。
終盤は、現役応援団・OBのリードで、商大・県大・商大の校歌・学歌を全員で唄い応援団エールで締め、高尾副会長閉会挨拶でお開きとなりました。
               (参加者は、来賓も含め、学部4回から県大2017回まで総計92名)
司会 中内真人氏(学部50)
事務局記
posted by 淡水会 at 13:27| 事務局からのお知らせ

2019年01月18日

第87回淡水俳句会が開催されました

平成31年1月17日に淡水サロンにて第87回淡水俳句会が開催されました。(参加者 8人)

  いたづらに夢の枯野を歩き来し    隆世(主宰)

  一月の特選  数の子を噛んで卒寿を迎へけり    良一   

主宰 選評 初句会にふさわしいお目出度い作品である。数の子を噛んで卒寿を迎えたというだけのことのように見えるが、実に周到な措辞がつかわれていて、看過し難い。
まず、「数の子」は、子沢山を意味し、子孫繁栄の目出度さを寓するもの。その「数」は過ぎ来し年の多さをあらわし、卒寿の感慨を佑ける。「噛む」は長寿の秘訣であり、「卒寿」は。齢九十に達したことであって、その慶びと白寿へ向かう心意気のようなものまでを感ずる。さりげなくさらりと詠まれているが、余韻は大きい。

次回の句会は2019年2月21日(木) 淡水サロンにて実施いたします。是非俳句に興味のあるかたお越し下さい。お待ちしています。
   お問い合わせ:淡水事務局(078‐795−1020) 西村ひとみ(学部33回)迄
                             学部28回 高嶋 鵆

posted by 淡水会 at 15:59| 事務局からのお知らせ