2020年06月11日

「COVID-19 感染症対策に伴う兵庫県立大学基金へのご協力のお願い」

淡水会ホームページトップにも「兵庫県立大学基金」のバナーを作成しています。
btn_kikin - コピー.jpg
posted by 淡水会 at 10:29| 事務局からのお知らせ

2020年06月09日

淡水会より令和2年3月卒業生に記念品を贈呈しました

神戸国際会館での学位記授与式、ANAクラウンプラザホテル神戸での卒業祝賀会(淡水会員歓迎会)が急遽、中止となった為、6月早々、淡水会から岡村会長の祝辞を添え、記念品「クオカード2000」と「淡水66号」を保護者あてに送付しました。(該当者約500名)
卒業記念品クオカード.jpg

posted by 淡水会 at 11:12| 事務局からのお知らせ

2020年06月01日

淡水会北海道支部にて私設「オンライン淡水会談話室」が開催されました

令和2年5月31日(日)北海道支部において、淡水会で初めての私設「オンライン淡水会談話室」が開催されました。6名の入室がありました。なかには推奨環境が合致せず入室不可の方もあったようです。またやろうという意見があり、今年中止を余儀なくされたビール会をオンラインでやろうかとの案も出ました。
次回のご参加を期待しております。 北海道支部 副支部長 小寺 正彦(G16)
posted by 淡水会 at 10:36| 事務局からのお知らせ

2020年05月26日

淡水サロンの一時閉鎖 継続について

各位
新型コロナ拡大により大学では対面によらない授業形態(web配信等)による授業のみの実施、キャンパスへの原則立入禁止の継続を行っています。これに伴い、淡水サロンも6月いっぱい閉所することといたします。ご利用者にはご不便をおかけしますが、ご協力宜しくお願いします。
淡水会事務局
posted by 淡水会 at 16:17| 事務局からのお知らせ

緊急事態宣言解除に伴う授業及び研究活動の実施について(兵庫県立大学)

兵庫県立大学 University of Hyogo                     令和2年5月22日 
緊急事態宣言解除に伴う授業及び研究活動の実施について
兵庫県立大学 学長太田勲
政府の緊急事態宣言解除による本学での授業及び研究活動の実施について、以下のとおりお知らせします。
1 授業形態(5月18日(月曜日)から変更なし)
引き続き、対面によらない授業形態(web配信等)による授業のみの実施となります。
2 研究科における研究活動(5月18日(月曜日)から主な変更点は下線部分)
原則、博士後期課程及び動植物や環境など自然を研究対象とする大学院の学生に加え、博士前期課程2年の学生についても、以下の内容及び各研究科が定める要件を満たす場合に限り、研究活動を実施することとします。なお、学術情報館の利用については、感染予防策等の利用条件が整い次第の開始となります。
(1)キャンパス内での活動
実験など、キャンパス内でしか実施できない活動
(2)キャンパス外での活動(フィールドワーク等)
@本学教員、学生以外と対人接触しない活動
A特定の動植物観察など、時期を外せない又は中断できない活動
(3)通学・移動方法
公共交通機関以外の方法が望ましいが、公共交通機関を利用する場合は、通勤時間帯を避けるなど、感染リスクを低減する工夫をする。
3 キャンパスへの原則立入禁止の継続(5月18日(月曜日)から変更なし)
政府からの緊急事態宣言は解除されましたが、感染拡大防止の観点から、上記2の研究活動以外でのキャンパスへの学生の立ち入り禁止を継続します。なお、当⾯は上記の取扱いとした上で、今後の新型コロナウィルス感染症の感染状況等に応じて、授業や研究活動、キャンパスへの⽴⼊制限にかかる取扱いを段階的に⾒直すこととしますので、⼤学及び各学部・研究科のホームページや学内専⽤システム(UNIVERSAL PASSPORT)など、引き続き、⼤学からの情報発信にご留意くださいますよう、よろしくお願いいたします。
詳細 兵庫県立大学HP ← CLICK
posted by 淡水会 at 15:47| 事務局からのお知らせ

第103回淡水俳句会(ネット句会)が開催されました

第103回淡水俳句会(ネット句会)を、5月日に開催しました。(参加者 11人)
    何事も無かりし如く逝く春ぞ   隆世(主宰)

5月の特選      海亀や日和佐の波と青春と   司
 阿南の日和佐海岸は海亀が産卵にやって来ることで名高い。美波町という地名からも想像されるようにその砂浜は白く美しい。海亀というと何故か浦島太郎の物語が連想される。竜宮城や乙姫の話は桃源郷の話にも似て夢のように過ぎ去って行く人生の儚さを感じさせる。この句、「海亀や」と詠出することでそのような連想が大きく働く。作者にとって「日和佐の波」の煌めきと「青春」の感傷は懐かしい故郷の象徴なのであろう。私にもかって室戸岬で修行した空海の洞穴を尋ねた折、日和佐に近い鯖大師に立ち寄った思い出がある。
(主宰 学部7回 中杉 隆世 記)
次回の句会は令和2年6月16日(木) 
お問い合わせ:淡水事務局(078‐795−1020) 西村ひとみ(学部33回)迄
学部28回 高嶋 鵆 記

posted by 淡水会 at 03:01| クラブ・団体関係OB会

2020年05月13日

淡水サロンの一時閉鎖について

各位
新型コロナ拡大による政府の緊急事態宣言が5月31日まで延期されたことに伴い、淡水サロンも同日まで閉所することといたします。ご利用者にはご不便をおかけしますが、ご協力宜しくお願いします。
淡水会事務局
posted by 淡水会 at 10:25| 事務局からのお知らせ

2020年05月11日

山口支部より「春季懇親会」の開催中止の連絡が届きました

令和2年5月23日〜24日の予定で準備しておりました「支部懇親会」の開催を中止といたします。
淡水会山口県支部懇親会 開催中止のご連絡 ← CLICK
山口支部 副支部長・事務局 中島 正國
posted by 淡水会 at 15:30| 支部

令和2年淡水会大阪支部 講演会・総会・懇親会中止の連絡が届きました

令和2年6月23日(火)に開催予定の淡水会大阪支部の講演会・総会・懇親会のすべてを見送ることにしました。
大阪支部 講演会・総会・懇親会について 詳細 ← CLICK
淡水会大阪支部長 森田 昌子
posted by 淡水会 at 14:21| 支部

2020年04月30日

第102回淡水俳句会(ネット句会)が開催されました

第102回淡水俳句会(ネット句会)を、4月16日に開催しました。(参加者 11人)
    心せよ春の風邪には非ざりし   隆世(主宰)
4月の特選      花筏いきどころなくたむろせり  公昭
水に散り敷いた落花が連なって筏のように見えるところから近年「花筏」という季語を「花」という季題の傍題として好んで用いられるようになった。
 従来、俳句の聖典とされる「虚子編新歳時記」には「花筏」は採用されていない。また、それを引き継いだ稲畑汀子も「落花」という季題がある以上「花筏」を季題とすることは無用と明言している。他に飯田龍太や金子兜太等が監修している講談社の「新日本大歳時記」では「花筏」を季語の一つとして認めてはいるが、それは「落花の連なり」としてではなく、ミズキ科の落葉低木の淡緑色の花が葉に乘る有様が筏に似ている処からそう名付けられたものであるとしている。何れにせよ「花筏」は、今以て未成熟な季題と言えよう。
 この句は城濠のようなところで落花が散り敷き、筏のように連なって密集しつつあるさまを「いきどころなくたむろしている」と詠嘆したものであるが、その押し犇めく圧迫感から都会に生きる人間の息苦しさのようなものまで感じさせる力がある。そのような現代感覚で「花筏」という新季題を捉えた良き一例としてここに取り上げた訳である。 (主宰 学部7回 中杉 隆世 記)
次回の句会は令和2年5月21日(木) 
お問い合わせ:淡水事務局(078‐795−1020) 西村ひとみ(学部33回)迄
学部28回 高嶋 鵆 記
posted by 淡水会 at 14:40| 事務局からのお知らせ

2020年04月27日

学部18回 M田昭生氏の、「一国一城」令の綻び・・・秀忠が拘った明石新城」が掲載されました

『歴史と神戸』に学部18回 M田昭生氏(前 淡水会副会長)の、「一国一城」令の綻び・・・秀忠が拘った明石新城」が掲載されました。
歴史と神戸 M田氏.jpg
posted by 淡水会 at 15:27| 事務局からのお知らせ

学部22回 福井清久氏より「エアリーフローラーを贈る」という投稿がありました

3月14日に行われた町の中能登中学校の卒業式に「ハウス村」という大きなハウスで育てた『エアリーフローラ』を卒業生180人にプレゼントしました。「旅立ちを祝う花」というキャッチフレーズと「希望」の花言葉を持つエアリーフローラで卒業式に花を添えることになりました。
北國新聞にも掲載されました。
sinbunn.jpg

投稿(エアリーフローラーを贈る) ← CLICK
参考 北国新聞 ← CLICK
posted by 淡水会 at 14:19| 会員からの投稿

2020年04月22日

令和2年度 淡水会 会員総会・懇親会の開催中止について

会員各位
総会・懇親会の開催中止について
会員の皆様におかれましては、同窓会活動にご理解とご尽力を賜り誠にありがとうございます。
さて、本年の会員総会・懇親会を6月21日(日)神戸ポートピアホテルにおいて開催する旨、同窓会誌「淡水66号」でご案内いたしました。しかし、現下の社会情勢を勘案し、4月21日(火)の会長・副会長会議において、開催を中止せざるを得ないとの結論に達しました。
また、総会に先立つ5月21日(木)の定時常任理事会も集合せず、メールにて書面審議することにいたしました。どうぞ、事情ご賢察のうえ、引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。
淡水会会長 岡村武和
(連絡先:淡水会事務局)


posted by 淡水会 at 15:14| 事務局からのお知らせ

京都淡水会令和2年度総会の連絡が届きました

令和2年5月9日(土)の京都淡水会令和2年度総会は、中止になりました。11月14日(土)「からすま京都ホテル」にて開催します。
京都淡水会会長 高野 佳良
posted by 淡水会 at 14:00| 事務局からのお知らせ

「神戸商大昭和35年卒 卒業60周年同期会」開催中止の連絡が届きました

5月20日(水)12時〜 ホテルグランビア大阪で開催予定の「神戸商大昭和35年卒 卒業60周年同期会」は新型コロナウイルスの影響で、残念ながら中止といたしましたので、ご連絡させていただきます。
なお、今後の開催予定は立てておりませんので、よろしくお願いいたします。
学部10回 同期会事務局 前川郁夫 記

posted by 淡水会 at 13:44| 同期会