2020年01月28日

川口久郁氏と荻原隆士氏が学部20回 卒業50周年記念同窓会の準備のために来局

2020年1月28日 川口久郁氏(G20)と荻原隆士氏(G20)が「神戸商大学部20回 卒業50周年記念同窓会」の準備の打ち合わせのために事務局に来られました。
G20 川口 荻野氏.jpg
posted by 淡水会 at 14:34| 今日の来訪者

淡水会姫路支部新年会の案内が届きました

淡水会姫路支部新年会について、下記の通り開催いたしますのでご案内申しあげます。
多数のご参加をお待ちしています。
          記
日時 令和2年2月7日(金) 18時30分開始
場所 中国料理 新北京
     (姫路市魚町130 TEL 079-223-0401)
姫路支部新年会のご案内 ← CLICK
               姫路支部事務局  支部長 坪田 一夫 
                        事務局 井上 啓明
posted by 淡水会 at 10:43| 行事ご案内コーナー

2020年01月27日

令和2年淡水会新年会が開催されました

令和2年1月26日(日)12時から神戸ポートピアホテルにおいて、兵庫県立大学太田勲学長、平野正幸副理事長、坂誠副学長、出雲淳雄神戸商科キャンパス経営部長、加藤直樹社会情報科学部長、林昌彦会計研究科長の皆様をご来賓にお招きし、淡水会会長、副会長、各地支部長、会員が一堂に会し新年会が開催されました。
岡村淡水会会長の開会挨拶のあと、令和となって初めての目出度い新年会を祝賀し各位のご健勝祈念をこめて、神戸サンバチーム「フェジョン・プレット」によるサンバダンサーの踊りを鑑賞しました。参加者の皆様は、このサプライズ企画を大いに満足されました。
1111.jpg

続いて、太田学長の来賓ご挨拶・乾杯のご発声をいただき開宴しました。
2222.jpg

懇親会なかば、昨年創部90周年を迎えた「淡水硬式野球部」事務局中村氏(G32)と同「淡水ラグビー部」伊東会長のご両名からご挨拶いただきました。また、恒例となった「年男・子年生まれの淡水人」10名並びに初参加者6名からもスピーチをいただき会場は盛り上がりました。
3333.jpg

また、新年会には、遠方の東京、東海、岡山、山口、高松、九州の各支部、ならびに近隣の京都、奈良、大阪、神戸、明石、東播、姫路、13支部の支部長・代表、ならびに、学生会員を代表して学生会会長、商大祭実行委員会委員長にもご参加をいただきました。
夫々、各テーブルを回って名刺交換や懐かしい話題などが弾み、交流を深め合う懇親会となりました。
終盤は、現役応援団・OBのリードで、県大学歌・学生歌・商大学歌を全員で唄い、応援団エールで締め、高尾副会長閉会挨拶でお開きとなりました。
4444.jpg

                   (学部4回から県大2017回まで総計98名 当日欠席者8名)
司会 中内真人氏(学部50)   事務局 記


posted by 淡水会 at 14:20| 事務局からのお知らせ

2020年01月25日

第99回淡水俳句会が開催されました

第99回淡水俳句会を、12月16日に淡水サロンにて開催しました。(参加者 6人)
    人といふものを疎みて山眠る   隆世(主宰)
 1月の特選    年取やいま倖せの爪を切る  鵆
原句上五「年暮るる」でも一応感じは伝わるが、詩語としての飛躍にとぼしい。年末を表す季題で似たものには「年忘れ」「年の暮」「歳年」「歳晩」「大年」「大晦日」「年の夜」「年越」「年の尾」「年寄る」「年籠」「除夜」等々数多くあるが、俳句になるかならないかは、内容と一致しそれを昇化させるものを選ぶことが大切である。私はその中から「年取(としとり)」という言葉を選んでみた。「年取」は、年もいよいよ暮れ果てゝ除夜の鐘の打ち始められる頃、にわかに年を取るという感じが深まる。世人が年迎えの行事に浮かれている中、ひとり年を取る思いに浸り、その来し方に満ち足りた思いで幸福を感じ取っている姿が「爪を切る」というさりげない動作の中に表現し得ていると思う。「年の尾」でも近い感じは出るが、「年取」という老境に通う言葉が最適と思われる。
 ※俳句は季題の詩である。どれを選ぶかそのセンスで決まる。
(主宰 学部7回 中杉 隆世 記) 
是非俳句に興味のあるかたお越し下さい。お待ちしています。
   お問い合わせ:淡水事務局(078‐795−1020) 西村ひとみ(学部33回)迄
                         学部28回 高嶋 鵆 記
posted by 淡水会 at 13:26| クラブ・団体関係OB会

2020年01月21日

淡水会岡山支部新年会が開催されました

淡水会岡山支部の新年会が1月20日(日)に開かれました。令和初めての初春の集まりを総社市のサントピア総社で心と杯を重ねあいました。(11名参加)
okayama.jpg

学部18回の室谷勝己さんが見事なアルバムを作成してくれました。
 岡山支部 支部長 中井 峯生(G18)  事務局 森義三(G32)
室谷勝己さん作成の見事なアルバム ← CLICK
posted by 淡水会 at 11:00| 支部

東京支部淡水懇話会兼新年会が開催されました

令和2年1月19日(日) がんこ銀座1丁目店において11時から懇話会・新年会が開催されました。
懇話会は、淡水会東京支部長である永井豊先生(G18 ゆたか会計事務所代表)から「民法改正による相続と税」というテーマでご講演いただきました。
T1.jpg

皆様に関心のある身近なお話なので、熱心に聴きいり大変勉強になりました。
続いての懇親会で交流を深め合い大いに盛り上がりました。(参加者:G12〜G37まで23名)  
T2.jpg

支部長 永井 豊(G18)  司会進行 事務局 三宅和宏(G33)
posted by 淡水会 at 10:28| 支部

2020年01月16日

学部15回 勝田雄三氏より「挨拶―お暇な折にご覧ください A」の投稿がありました

皆様へ
明けましておめでとうございます
御元気で良い新年をお迎えの事と推察致します
中東横のアフリカ諸国も近年中国の進出等以前とは大きく変化してきている様です小生も長年アフリカと関わり合いを持って来たことから少し状況などを添付の様に整理・纏めて見ました
皆様 何かお気が付かれたこと、アイデアその他何でも結構ですのでご連絡頂ければ幸甚です
時節柄 御自愛ください
アフリカの現状・未来と日本 ← CLICK
南ア・日本との関係 ← CLICK
学部15回 勝田 雄三 記

posted by 淡水会 at 10:37| 会員からの投稿

2020年01月14日

キャリア相談(1月〜3月 場所:淡水サロン)開催のお知らせが届きました

     兵庫県立大学学部生・院生・留学生・卒業生のためのキャリア相談
日 時  2020年1月11日(土)、21日(火)、28日(火) 
     2020年2月22日(土)、27日(木) 
     2020年3月4日(水)、14日(土)、26日(木) 
【各午前10時〜午後4時】
場 所  淡水サロン
     神戸市中央区八幡通4丁目2-12フラワーロード第3ビル6階   
対象者  兵庫県立大学 全学部生、院生、留学生、卒業生
内 容  ES・履歴書等応募書類アドバイス・模擬面接やグループディスカッション
  就職セミナー、就職相談・インターンシップ支援・転職等支援,
  OBOG交流会
相談員  福田よしみ(キャリアコンサルタント)
加納 叔子(キャリアコンサルタント) 
キャリア相談(1月〜3月)詳細 ←CLICK
posted by 淡水会 at 13:59| 学生・学校への支援

稜線山岳会(神戸商大/兵庫県大山岳部OB会)の新年会が開催されました

令和2年1月13日(成人の日)5時30分から神戸三宮「季んぐ」にて新年会が開催されました。本年5月には屋久島登山が計画されており、その結団式も兼ねて行われました。(参加者7名内東京から2名参加)
「山ブーム」の昨今、今後のハイキング、トレッキング、登山などの行事には淡水会員の参加も大いに歓迎!との田中会長はじめ皆様のお話でした。(初心者などへの山歩きアドバイスが頂けます。)
稜線山岳会HP  ← CLICK
sangaku.jpg

山岳会.jpg

事務局記
posted by 淡水会 at 12:23| 事務局からのお知らせ

京都支部新年会が開催されました

令和2年1月11日(土)12時から京都市東山区の京都ホテルオークラ別館「粟田山荘」において京都淡水会の新年会が開催されました。 奈良支部や神戸支部、明石支部からの参加もあり
12名が集いました。
114.jpg

本年も、芸妓さんの京舞を鑑賞することができ、宴会は大いに盛り上がりました。
115.jpg

各支部からの参加者も大歓迎!との高野京都支部長のお話です。
京都支部長 高野佳良 (G24)        事務局記

posted by 淡水会 at 11:36| 事務局からのお知らせ

2020年01月07日

「令和2年北海道支部新年会」の案内が届きました

     『令和2年北海道支部新年会』のご案内
近況なり新年の抱負なりを話題に和気あいあいと過ごしたいと思います。
ご多用とは存じますがご出席いただきたく宜しくお願いいたします。
              記
1. 日時:2月4日(火) 18:30
2. 場所:おたる亭 011-533-1000
   中央区南4条西3丁目 すすきのビル4階
   (地下鉄すすきの駅すぐ、ニッカの看板のビルの4階)
3. 会費:5,000円

令和2年北海道支部新年会 ← CLICK
北海道支部事務局 幹事 山本 和秀(G24)
posted by 淡水会 at 11:26| 行事ご案内コーナー

2019年12月26日

9月12日〜12月23日まで、高校生の大学見学会(下半期)が行われました

9月12日(木)12月23日(月)まで、、大学の広報の一環として、さまざまな高校に大学見学(下半期)を実施しました。
1.jpg
模擬授業、学生ガイダンス、国際学生寮の説明を受け、食堂で昼食をとり、兵庫県立大学はどういうところかを見学しました。
3.jpg

2.jpg

posted by 淡水会 at 10:33| 事務局からのお知らせ

2019年12月25日

淡水俳句 年刊句集 第8号が発行されました

年刊句集 第8号が 2019年12月16日に発行されました。
句集.jpg

神戸商科大学俳句研修会を出発点にするものでありますが、俳句に興味をお持ちの方
老若男女問いませんのでご一報下さい。
学部28回 高嶋 鵆
posted by 淡水会 at 15:53| クラブ・団体関係OB会

第98回淡水俳句会が開催されました

第98回淡水俳句会を、12月16日に淡水サロンにて開催しました。(参加者 6人)
    泥濘の地となり果てし林檎園   隆世(主宰)
   12月の特選    冬の川砂州は流れのその中に	 鵆
冬川の流れの中に取り残されたように砂州がある。原句はそれを強調するために
「流れに置かれけり」としたのであろう。それでも決して悪くはないが、「置かれ」
という措辞が、私には自然でない気がした。はじめ「の中にあり」と直してみたが、
「その中に」とした方が、砂州がより具象的に見えるのではないかと思い直させて
もらった。冬川は非常に味わい深い季題である。いまも私の頭から離れ無い句は
「冬川の名が知りたくて人に問ふ」、橋本鶏二の句である。
(主宰 学部7回 中杉 隆世 記) 
次回の句会は令和2年1月16日(木) 淡水サロンにて実施いたします。
是非俳句に興味のあるかたお越し下さい。お待ちしています。
   お問い合わせ:淡水事務局(078‐795−1020) 西村ひとみ(学部33回)迄
                         学部28回 高嶋 鵆 記
posted by 淡水会 at 15:42| クラブ・団体関係OB会

兵庫県立大学プロモーションビデオが公開されています

在学生・卒業生の5人が、兵庫県立大学での体験を語った兵庫県立大学プロモーションビデオがYouTubeにて公開されています。(2019年作成)

兵庫県立大学プロモーションビデオ YouTube ← CLICK
兵庫県立大学 公式チャンネルUniversity of Hyogo  YouTube ← CLICK
posted by 淡水会 at 14:33| 事務局からのお知らせ